ご利用者ひとりひとりが
        笑顔になれるそんな空間を

居宅介護支援

居宅介護支援とは?

相談に応じてご本人様の健康状態や希望、ご家族様の状況などを伺ったうえでケアプランの作成を行います。
また、サービスが適切に提供されるようにサービス事業者の選定・連絡・調整を図り、支援いたします。

ケアマネジャーとは

ケアマネジャーは、介護についての知識を幅広く持つ専門家です。基礎資格として保険・医療・福祉の国家資格を持っているか、それらの分野で5年以上・900日の実務経験がないと受験資格を得られない高度な資格です。

ケアプランとは

ご本人様の希望や必要性と、介護度によって異なる利用限度額や回数に基づいて作成される介護サービス計画のことです。
ケアプラン作成の費用は全額、介護保険から出ており、お客様の負担は一切ございません。

サービス開始まで

1.お問い合わせ

介護について知りたいことがある方、お困りのことがある方、まずは居宅事業所へお問い合わせください。
お電話、または直接お越しいただき、ケアマネジャーにご相談ください。

2.介護保険認定申請書の提出(要介護認定を受けていない方)

介護保険を利用するには、要介護認定の申請が必要になります。 市区町村の介護保険課窓口に書類提出が必要ですが、ケアマネジャーが、ご本人様・ご家族様に代行して申請いたします。

3.要介護認定の決定

主治医の意見書の提出や訪問調査の結果、市区町村に設置される介護認定審査会で要介護認定につき判定され、要介護度が決定されます。

4.ケアプランの作成

ご本人様・ご家族様の困っていることや、ご要望などをお聞きし、相談しながらケアプランを作成いたします。サービスをどれくらい利用し、どのような生活になるのかイメージできるように、わかりやすくご説明します。その際、利用するサービス事業者などについては、ご本人様・ご家族様と話し合って選択いたします。

5.介護サービスの調整

ご本人様・ご家族様とサービス担当者会議などで、サービス内容などを話し合い、お一人おひとりの状態に最適な受け入れ態勢を整えます。

6.介護保険サービスの利用開始

介護サービスを行う提供事業者と契約を結び、ケアプランに基づいてサービスを利用します。原則として費用の1割~2割が利用者負担となります。

このページの上部へ